動画制作会社に依頼する場合の費用について説明します

動画制作会社によって、また使用する機材によって、企画の内容によって費用は違ってきます。大まかな相場としては、ナレーションは3万から10万、音響は3万から15万、撮影機材費は4万から30万となっているといわれています。これらを合わせテレビCMの制作は50万から300万、webムービーは20万から80万となっています。あくまでも相場ですので、当然見積もりを取って確認をする必要があります。その時見る点は総額だけでなく品目にも注目してください。色々な会社に見積もりを取る時に、何にお金がかかっているのかを比較するだけでも、どこの会社に依頼するのかを決める材料になります。また極端に安い場合は、機材が古いものであったり、技術が追い付いていない新人さんが作っているなどがあるかもしれないので、安さの理由を聞いてみる事は大切です。

動画制作会社によって安さには理由がいろいろ

最初に動画制作会社ごとに得意分野や専用分野があるという点を抑えてほしいです。あらゆる動画を作っているという会社はそれぞれ得意分野のある下請けの会社にさらに依頼をしている可能性もあります。また安い会社の場合、機材が古い、新人さんを使っているという以外に、少人数で行っているため人件費を抑えているという可能性もあります。このように内情はなかなか分かりづらいですが、作品を見る事はできます。公式サイトなどでは一部コンテンツを公開している会社もあります。安いところには理由があり、満足できるかは、会社の技術によるところもあります。作品だけ、金額だけでなく、どちらもバランスよく見て、決めていただきたいです。そのためには、どのような作品を造りたいのかを考えておくことが大切です。

良い動画制作会社の目安は営業とのコミュニケーション

動画を作るには、カメラあればできる、というものではなく、いろいろな機材と技術が必要になります。だからこそ動画制作会社に依頼をするわけですが、大切なのは途中経過や変更をお互いに連絡し合える関係を築く事ができるのかという点です。クライアント側の急な変更は良い事では無いですが、製作者サイドが何も言わずに作り続け、結果だけを投げてくるようでも問題です。最短でできるという謳い文句である場合はその限りでは無いかもしれませんが、企画、制作の段階で小まめに連絡を取り合い、確認を取ってくれる会社でなければ双方に不満が残る結果になってしまいます。その為に動いてくれる営業や窓口の方は、非常に重要なポジションです。自社が何をアピールしたいのか、何を求めているのかを、とことん話し合ってくれる相手ができれば理想です。